マンション経営
地震が起きた場合のリスク回避
株式会社ニューワールド・インベストメント

地震が起きたらどうする?

いつマンションが建築されたかで、地震に対する強度が異なります。地震に強い物件を選ぶには、1981年(昭和56年)以降につくられた新耐震基準の物件を選ぶことです。

 

新耐震基準法は、1978年(昭和53年)に宮城県沖で発生した地震による被害を教訓に、新たに定められた基準で「震度6以上の地震で倒れない住宅」とされています。

 

実際に、2011年の東日本大震災で震度6強という強い揺れを観測した、仙台市内の状況を見てまわりましたが、大きな被害を受けた建物はありませんでした。むしろ、大きな被害を受けた建物を見つけるのに苦労したような状況でした。

そんななかでも、市内の被害状況を見てまわっていると、被害を受けた数棟の建物を見つけることができました。しかしいずれの建物も旧耐震法の古い建物でした。

一方で、新耐震基準で建物の大破は一棟もなく、改めて新耐震基準で建てられた分譲マンションの強さを実感しました。地震の揺れによる損害に関しては、新耐震法の物件を選ぶことで充分にカバーすることが可能です。

 

新耐震基準_1

地震による火災被害

地震による火災被害は、木造家屋が倒壊することによって拡大していきます。つまり、立地を選ぶ際には木造家屋が密集している地域や、万が一のときには、緊急車両が入ることが困難な狭い道路が入り組んでいるような場所は避けること。

そして、防火地域・準防火地域であれば、さらにリスクを下げることができます。道路幅があれば火災のときも安心ですし、万が一火がまわったとしても、外壁が耐火性の高いコンクリート造のワンルームマンションであれば、火災による延焼の被害を最小限にとどめる事ができます。

 

新耐震基準_2

物件・立地を選ぶ

複数の物件を所有する際には、東京のなかでもエリアを分けることで、リスクを分散することができます。

「物件を選ぶこと」で建物の倒壊を防ぎ、「立地を選ぶこと」で火災被害への対処、リスク分散も可能になるのです。

もちろん、東京における地震リスクを完全に避けるのであれば、地方でマンション投資を行うという選択肢もあります。

ただ、地方でマンション経営を行う場合には、人口の減少による賃貸需要の減少、家賃の下落、資産価値下落といったリスクは東京よりも高くつきます。こうしたリスクはゆるやかではありますが確実にマンション経営を圧迫していきますので、投資する前に事前に計算に入れておく必要があります。

新耐震基準_3
お気軽にお電話でご連絡ください
03-6825-5623 03-6825-5623
受付時間:10:00~19:00
(最終受付20:00)
Company

会社情報

概要

店舗名 株式会社ニューワールド・インベストメント
住所 東京都新宿区西新宿6-17-10 西新宿プライムビル4階
電話番号 03-6825-5623
FAX番号 03-5909-5624
営業時間 10:00~19:00
定休日 土日祝祭日※定休日でもご相談お受け付けしております。

アクセス

都営大江戸線「西新宿五丁目」駅より徒歩5分
都営大江戸線「都庁前」駅より徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅より徒歩10分

Q

DMはどうやって送ってきたの?住所はどうやって知った?

A

DMを送らせていただいたお客様が物件を購入した際に、お持ちの物件を管轄する法務局の登記簿に所有者としてお名前とご住所が登記されております。当社は、その登記簿を閲覧してDMを送らせていただいております。登記簿は法律により誰でも閲覧が可能となっております。

Q

賃貸管理を行っているエリアは?

A

1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の物件を管理しております。

お部屋、建物のトラブル等に迅速に対応するためエリアを絞らせて頂いております。

戸建、区分マンション、1棟マンション、アパートまで幅広く管理しております。

 

Q

他社で購入した物件の管理は変更できるの?

A

現在の管理委託契約、サブリース契約等の契約内容にもよりますが、可能である可能性が高いです。

管理委託契約書、サブリース契約書等をメールやFAXでご提示して頂ければ、内容を確認しご回答いたします。

管理を変更したいと考える理由は様々あるかと思いますが、お客様にとって最適なご提案をお約束いたします。

Q

相談だけでもできますか?

A

はい。相談のみでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

< 12 3 4 >