投資物件の選び方
寿命と需要に注目
株式会社ニューワールド・インベストメント

人生100年時代の投資物件の選び方

マンション経営を始めるにあたり、新築マンションや中古のマンション、アパートなど様々な投資物件があり選別に迷うのではないでしょうか。比較するポイントとして寿命と需要を注目してみてはいかがでしょうか。

人生100年時代に一生付き合える投資物件の条件は、「建物の物理的な寿命が長い」「持続的な賃貸需要が見込める地域」の2つです。新築の鉄筋コンクリート造りマンションは、最長で100年以上持つ可能性があります。また東京都は日本一人口が伸びやすい地域であり、観光やビジネスの需要も盛んです。以上のことから、東京の新築マンションが有力な選択肢といえます。

お客様の理想をヒアリング

マンションの寿命は?

鉄骨鉄筋コンクリート造りの住宅の法定耐用年数は47年、木造は22年です。2014年東京カンテイが公表した「マンション建替え寿命」によると、建替えられたマンションの築年数の全国平均は33.4年、東京都は40.0年でした。

一方、2013年に国土交通省が公表している「中古住宅流通促進・活用に関する研究会」報告書では、鉄筋コンクリート造りの耐久性に関する複数の研究結果を挙げています。その中で最も短いもので50年、長いもので150年という記述があります。33年と150年では大幅な差があります。どちらが本当の寿命といえるのでしょうか。注意しなければならないのは、前者の33.4年という築年数には、現役で利用されている建物は入っていないということです。


国土交通省の調べでは2018年末の時点で築40年を超えたマンションは81.4万戸にのぼっています。さらに20年後の2038年に築40年超は366.8万戸、築50年超の物件だけでもが197.8万戸にもなるという試算です。鉄筋コンクリート造りマンションの寿命は50年から場合によっては100年超と考えられます。

東京都の賃貸需要

マンション投資は建物が物理的に長持ちするのではなく、物件の資産価値を長く保つ必要があります。それは入居者は集まり、家賃が下がらない物件を購入する必要があります。居住用マンションの賃貸需要が旺盛であり続けるためには、人口が伸び続けている東京をオススメ致します。

国立社会保障・人口問題研究所の都道府県別推計によると2015~2045年の間で人口が増えるのは東京都のみとなっています。東京は観光地やビジネスの場としても人気です。また米国の大手旅行雑誌「Condé Nast Traveler」の魅力的な都市ランキングで2019年10月現在4年連続1位を獲得したり、都市戦略研究所の2019年「世界の都市総合力ランキング」でロンドンとニューヨークに次ぐ3位にランクインしたりしています。

Access

マンション投資をお考えの方に安心してご依頼いただけるようアクセス情報を掲載しています

概要

店舗名 株式会社ニューワールド・インベストメント
住所 東京都新宿区西新宿6-17-10 西新宿プライムビル4階
電話番号 03-5909-5623
FAX番号 03-5909-5624
営業時間 10:00~20:00
定休日 日曜日 ※ 日曜日でもご相談可能です。
最寄り 都庁前駅より徒歩8分

アクセス

これからマンション投資を始めてみたいお客様に安心してお問い合わせをいただけるよう、詳しい所在地情報や地図をまとめております。電話や専用フォームからのご相談を承っておりますので、お仕事の隙間時間にぜひお問い合わせください。

Q

少ない資金で始められますか?

A

金融機関からの融資(住宅ローン)が利用できるため、まとまった資金がなくても始められます。

Q

相談だけでもできますか?

A

はい。お気軽にご相談ください。

< 12 >
RELATED

関連記事